ゴルカ米大統領副補佐官が退任、バノン氏の元同僚-関係者

更新日時
  • ゴルカ氏は右派サイト「ブライトバート・ニュース」の元編集者
  • バノン氏の追放を受け自分も辞任したとゴルカ氏は説明-関係者

米極右ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」編集者からトランプ大統領の国家安全保障担当副補佐官に転身していたセバスチャン・ゴルカ氏が政権を去ったと、政府当局者が25日、明らかにした。極右団体とつながりがあるとされる同氏の起用は論議を呼んでいた。

  事情に詳しい別の当局者2人によれば、ゴルカ氏本人は辞任したと説明しているという。いずれの当局者も匿名を条件に明らかにした。またフェデラリスト・ドット・コムはゴルカ氏の辞表とする文書を引用して伝えた。

  これら当局者によると、ゴルカ氏が親しくしており、同じくブライトバート・ニュースから政権入りしたスティーブン・バノン氏が先週、ケリー大統領首席補佐官らによって首席戦略官辞任に追い込まれたことを受け、辞任したとゴルカ氏は同僚に語ったという。

  ゴルカ氏はトランプ政権を代表してFOXニュースにしばしば登場していた。ゴルカ氏は今年、反ユダヤ的とされるハンガリーの極右団体とつながりがあると報道された後、民主党議員から強く批判された。しかし同氏はこうした報道には根拠がなく、トランプ政権は「米国史上最も親イスラエル的な政権の一つだ」と反論した。

原題:Gorka Is Said to No Longer Work as Trump White House Aide (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE