NY外為(25日):ユーロ、15年来高値-ECB総裁の講演受け

更新日時

25日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが上昇。対ドルで2015年1月以来の高値を付けた。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁がジャクソンホールで開かれたシンポジウムでの講演でユーロを押し下げるような発言をしなかったため、ユーロ買いが膨らんだ。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数はドラギ総裁の発言を受けて2015年1月以来の水準に低下。その後はやや下げ渋った。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演が金融政策の見通しについて新たな見解を示さなかったため、ドルは主要10通貨の全てに対して下落。国債利回りが低下し、株式相場は上昇した。ドラギ総裁がユーロ上昇を抑制し、イエレン議長が年内の利上げの可能性を強調すると予想していたトレーダーにとっては両講演は失望を誘う内容となった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.2%下げて1ドル=109円36銭。対ユーロでは1.1%安い1ユーロ=1.1924ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.7%低下。

  ドラギ総裁は講演で保護主義のリスクについて言及。質疑応答では、ユーロ圏のインフレ率がまだ目標に向けて自律的に収れんしていないため、ECBは「警戒を緩めてはならない」と述べた。

  イエレン議長は金融危機後に実施した改革を巻き戻す場合、「控えめ」なものにとどめるべきだと指摘。経済に関して最も近い発言は「金融当局の経済目標である雇用の最大化と物価安定に向けて大きな進展が見られている」と認めたことだった。

  ユーロは対ドルで一時1.1941ドルまで上昇。前日比1%超上げて、1カ月ぶりの大幅高となった。

  クレディ・スイスのストラテジスト、シェーブ・ジャリヌース氏はドラギ総裁がユーロ高をけん制する姿勢を示さなかったことから、ユーロは年末までに1.22ドルに上昇すると予想した。

欧州時間の取引

  ドルは円に対して、イエレン議長の発言を手掛かりに一時109円12銭まで下落した。発言が伝わる前は109円84銭とこの日の高値を付けていた。

  ユーロは対ドルで1.1884まで上昇。1.1850ドル近辺で損失覚悟の買い戻しが入った。  

原題:Euro Surges to Highest Since January 2015 After Draghi Speech(抜粋)
USD to 15-Month Low as Yellen No Obstacle for Bears: Inside G-10(抜粋)

(全面的に書き直し、相場を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE