VW、本社内の極秘施設でディーゼル不正技術をテスト-関係者

  • 最高幹部オフィスからすぐ近く、直接の関係者以外立ち入り禁止
  • 極秘施設は少なくとも2006-08年に稼動か

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は広大な本社敷地内の厳重に警備された区画で、排ガス不正スキャンダルの中核となったディーゼル技術をテストしていた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

フォルクスワーゲンのドイツ・ウォルフスブルク本社

Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

  関係者の1人によると、一部のエンジニアはドイツ・ウォルフスブルク本社の研究施設を使い、当局の排ガス試験を不正に操作するソフトウエアをアップロードしていた。排ガス試験用のテスト設備は同社最高幹部が勤務するメーンタワーのすぐ近くにあり、プロジェクトの関係者以外は立ち入りを禁止。上級職ですら立ち入ることができないなど、異例の厳重な警備が敷かれていたと、別の関係者が述べた。

  匿名を条件に話したこれらの関係者によれば、施設の厳重なセキュリティーは少なくとも2006年から08年まで続いた。VWは内部の施設や、不正操作を巡る調査で発覚した事実についてコメントしないとした。

  この施設の存在が明るみに出たのはこれが初めて。同社はこれまで、不正は少数のエンジニアが社の規定を無視して実行したとの立場を示してきたが、不正の専門施設が最高幹部オフィスの近くにあったという事実で、幹部が知っていたかどうかについて新たな疑惑が浮上し得る。現旧経営陣は大規模な不正の存在を認識していなかったと主張している。

原題:VW Diesel-Cheat System Is Said to Be Tied to Secret German Site(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE