大型ハリケーン「ハービー」、カテゴリー3に発達-製油所は閉鎖

更新日時

ハリケーン「ハービー」は勢力を強めながらテキサス州に向かっており、このまま進んだ場合は上陸する見通しだ。米国エネルギー産業の中心地を直撃するハリケーンとして2008年以降で最大の規模となる。

  米国立ハリケーン・センター(NHC)は中部時間25日午後2時にハービーがカテゴリー3に発達したと発表。最大風速は時速193キロ(秒速約54メートル)に達している。

  ハービーの接近で洪水や高潮の注意報が発令される中、米国の石油精製能力の約半分が集積するメキシコ湾岸地域の石油企業各社は施設の稼働を停止し始めた。ハービーがこのまま上陸した場合、米国を直撃するハリケーンとしては2005年の「ウィルマ」以来の強さとなる。同州のヒューストン、コーパスクリスティ、ガルベストンで浸水被害が予想されており、大雨や洪水で併せて260万人以上の住民の生活に影響が及ぶ。

Bloomberg’s Nejra Cehic reports the progress of Hurricane Harvey.

Source: Bloomberg)

  ブルームバーグインテリジェンスによると、ハービー被害で19億ドル(約2078億円)の経済的損失が見込まれており、うち13億ドルが保険の対象となっている。

原題:Hurricane Harvey Strengthens as Refinery Risk Lifts Gasoline (3)(抜粋)
Harvey Grows to Major Hurricane Strength as Refineries Shut(抜粋)

(新たな情報を加え、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE