ジョンソン英外相:EUの離脱請求書、英国は当然支払う-態度軟化

  ジョンソン英外相は25日、英国は欧州連合(EU)離脱に際していわゆる「離脱請求書」の支払いをしなければならないと認めた。またスムーズな離脱のために複数年をかけて「移行する」考えにも同意した。

ジョンソン外相

写真家:Brendon Thorne / Bloomberg

  7月には、報じられているEUの請求額は「ゆすりに近い」とし、「無駄な望み」だろうと述べていた。だが25日は、同発言が1000億ユーロ(約13兆円)という金額についてのものだと説明。「もちろん、義務は履行しなければならない。英国民は法を順守し請求書への支払いをする国民だ」とBBC放送に語った。

  EU離脱について移行期を設ける考えにも賛成した。離脱交渉は来週ブリュッセルで再開される。

原題:Johnson Says U.K. Will Pay as Brexit-Backers Fall Into Line (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE