黒田日銀総裁:非常に緩和的な金融政策を続けていく必要がある

日本銀行の黒田東彦総裁は4%の経済成長率が持続する可能性は高くなく、当面は非常に緩和的な金融政策を続ける必要があると述べた。

  黒田総裁は「4%の成長は非常に良いが、これは今後1年間続けられるということではなく、今後1年くらいをみると2%くらいの成長になるだろう」と予想。物価上昇率は「少しずつ上がっていく」ものの、なお2%の目標からは距離があるため、「現在の非常に緩和的な金融政策を続けていって、目標を達成する」必要があると語った。

黒田総裁(左、米ワイオミング州ジャクソンホール、25日)、FRBイエレン議長(中)、ECBドラギ総裁(右)
黒田総裁(左、米ワイオミング州ジャクソンホール、25日)、FRBイエレン議長(中)、ECBドラギ総裁(右)
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  カンザスシティー連銀主催のシンポジウムに出席するため訪れた米ワイオミング州ジャクソンホールで、現地時間の25日にブルームバーグテレビジョンの単独インタビューに応じた。

  日本銀行は7月公表の展望リポートで、2017年度の実質国内総生産(GDP)成長率の見通しを1.6%増から1.8%増に上方修正した。海外経済の成長率が高まっており、緩和的な金融環境の下で経済対策の効果が出るとみている。ただ、内閣府が今月14日に発表した4ー6月期の実質GDP(速報値)は年率換算4%増で6期連続のプラス成長となり、市場予想も上回った。

  黒田総裁は2013年3月の就任以来、同シンポジウムに毎年欠かさず出席しており、今年で5回目。就任直後の同年4月、2年で2%の物価目標を実現すると宣言し異次元緩和を導入したが、4年半経っても達成できていない。7月の展望リポートで達成時期を「18年度ごろ」から「19年度ごろ」に修正したが、先送りは実に6回目。来年4月8日に任期満了となるが、続投するとの見方も根強くある。

BOJ's Kuroda on Japan's Economy, Inflation, Policy
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE