トランプ米大統領、債務上限巡る混乱で議会の共和党指導部を非難

  • 退役軍人法案と債務上限引き上げ案の抱き合わせを党指導部が拒否
  • 議会は政府閉鎖回避に向け9月30日までに歳出法案を可決する必要

トランプ米大統領は高い支持を得ている退役軍人関連の法案に債務上限引き上げ措置を盛り込むよう議会の共和党指導部に求めていたことを明らかにした。民主党の支持に依存せざるを得ない「めちゃくちゃ」な状況を回避する狙いだったという。

  しかし、共和党のマコネル上院院内総務とライアン下院議長は両法案を抱き合わせにしない決定を下したと、トランプ氏は24日、一連のツイッター投稿で不満を表明した。

  「可決が容易になるよう、高い支持を得ている退役軍人関連法案に債務上限法案を関連づけるよう私はマコネル院内総務とライアン議長に要請していた。彼らはそうしなかったから今、債務上限の承認は(いつもの)民主党の抵抗で大変な事になっている。すごく簡単にできたはずなのに、今はめちゃくちゃだ!」とツイッターで怒りをあらわにした。

   トランプ大統領は23日、超党派の支持を得て両院を通過した退役軍人の障害給付金請求手続き簡素化に関する法案に署名している。

トランプ大統領

Bloomberg

  同大統領はメキシコとの国境の壁建設資金を巡り10月に政府機関閉鎖に追い込むこともいとわない考えを示しており、議会による債務上限引き上げを複雑にする可能性がある。議会は政府機関閉鎖を回避するため9月30日までに何らかの歳出法案を可決する必要があると同時に、債務上限引き上げの期限に直面している。共和党指導部はどうするべきかまだ計画していないが、あり得る一つのシナリオは両法案を抱き合わせにして大統領に提出することだ。

原題:Trump Blames Debt Ceiling ‘Mess’ on GOP Leaders in Congress (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE