香港株:上昇、ハンセン指数は3日続伸-台風での休場明け

更新日時
  • テンセントが高い-年初来上昇率、73%に
  • 中国本土市場では上海総合指数が0.5%下げた

24日の香港株式相場は上昇。中国本土の大手銀行株が買われた。前日は台風のため終日取引停止だった。

  ハンセン指数は前営業日比0.4%高の27518.60と、3営業日続伸。中国工商銀行(ICBC、1398 HK)は2.5%上昇し、2015年7月以来の高値。同行は来週、決算を発表する予定。中国建設銀行(939 HK)は1.8%上げた。

  不動産開発の中国海外発展(688 HK)は3営業日続伸。1-6月(上期)の純利益が25%増加したことが引き続き材料視された。

  中国のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊、700 HK)も値上がりし、年初来の上昇率を73%に伸ばした。

  本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は0.9%上昇で引けた。中国の全国社会保障基金が、計画している香港株投資向けに運用会社の選考を進めていると報じられたことも好感された。

  本土市場では、上海総合指数が前日比0.5%安で終了した。

原題:Hong Kong Stocks Gain for Third Day After Typhoon Interruption(抜粋)*香港株(終了):ハンセン指数、0.4%高の27518.60

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE