NY外為:ドル下落、低調な米統計やトランプ氏の政府閉鎖警告で

更新日時

23日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。米国の経済統計が低調だったほか、トランプ大統領が国境の壁建設予算を巡り、米政府機関を閉鎖の瀬戸際に追い込むこともいとわない考えを示したことが嫌気された。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.5%下げて1ドル=109円04銭。ユーロは対ドルで0.4%高い1ユーロ=1.1807ドル。欧州中央銀行(ECB)政策メンバーのハンソン・エストニア中銀総裁の発言を受けて、1.1823ドルまで上昇する場面もあった。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%下落。

  7月の米新築住宅販売は前月比で減少、ドルの一段安を招いた。一方、IHSマークイットが発表した8月のユーロ圏製造業購買担当者指数(PMI)は2カ月ぶり高水準だった。

  投資家は引き続きカンザスシティー連銀が今週後半にジャクソンホールで開く年次シンポジウムに注目している。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長やドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が講演する予定だ。

  北朝鮮が朝鮮半島で行われている軍事演習を非難すると、ドルは対円で1ドル=109円を下回った。

  複数のトレーダーは、トランプ大統領の発言内容が大統領の望んでいる政策には反映されない可能性があるとの見方も広範なドル下落の背景にあると指摘した。
  
  ハンソン総裁は23日にタリンでインタビューに応じ、これまでのところユーロは「大きな変化とは思われないコリドー内で動いている」と述べた。同総裁は「多数の明るいニュースが流れた現状において、欧州についての総合的な見方がしばらく前に比べて明るくなったと市場が認識し、そのように反応しても驚きではない。そうした状況は通貨を若干強くする」と述べた。

欧州時間の取引

  ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1800ドルに上昇した。軟調なドルの地合いがユーロ買いを支えた。英ポンドは対ドルで2カ月ぶり安値の1ポンド=1.2787ドルに下げた。

  ドラギ総裁は23日、ドイツのリンダウで講演し、中銀当局者は将来の経済の展開に備え柔軟な思考を持つことが必要だと説いた。ドラギ総裁の発言内容は相場を動かす材料とはならず、ジャクソンホールでの講演が一段と注目を集める結果となった。

原題:Dollar Defensive as Data Contrast Sets Stage for Jackson Hole(抜粋)
EUR Rises to Fresh High vs USD as ECB’s Hansson Downplays Gains(抜粋)
Dollar Extends Losses After Uncertainty on Trump: Inside G-10(抜粋)
Draghi Says Central Banks Must Be Open-Minded to Meet Challenges(抜粋)
ECB’s Hansson Says Euro’s Gains So Far Aren’t ‘A Big Change’(抜粋)

(相場を更新し、第4段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE