トランプ大統領による政府閉鎖警告、Tビル市場には響かず

米財務省短期証券(Tビル)市場を動揺させるには、トランプ大統領の大言壮語以上のものが必要とされるようだ。

 大統領は22日、国境の壁建設の予算獲得で議会への圧力が必要なら、米国を政府機関閉鎖の瀬戸際に追い込むこともいとわない考えを示したが、Tビル市場はほとんど反応しなかった。

  BMOキャピタルによれば、10月5日に満期を迎えるTビルは財務省が債務返済不能に陥ると予測する時期と重なっていることから他の証券よりもパフォーマンスが低いが、トランプ大統領の圧力にもかかわらず政府閉鎖を見込む確率にほとんど変化はなかった。

  BMOのストラテジスト、イアン・リンジェン氏とアーロン・コーリ氏によると、顧客を対象に実施した調査では政府閉鎖の予想確率は27%程度だった。回答者の77%は政府閉鎖が実際に起きた場合は米国債相場にとって強材料で、10年債利回りが13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下する可能性があるとみている。

原題:Trump Shutdown Threat Barely Registers in Treasury Bill Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE