ロンドン外為:ポンドが8週ぶり安値、英EU離脱が相場圧迫

ロンドン時間23日午前の外国為替市場で、ポンドがドルに対して6月以来の安値に下落した。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る懸念が膨らむ中、英企業が投資にますます慎重になっていることを示す報告が発表された。

  英国求人雇用連盟(REC)が発表した景況感の指数は年初来で最低に落ち込み、調査回答者のうち先行きの悪化を見込む割合が増えた。雇用主は人材採用に依然前向きだが、その度合いは後退した。

  ポンドは一時1.2791ドルと、6月27日以来の安値を付けた。ユーロは昨年10月7日以来となる0.9214ポンドまで買われる場面があった。

原題:Pound Slides to Eight-Week Low as Brexit Weighs on Sentiment(抜粋)
U.K. Brexit Concerns Rise as Businesses Fret About Economy (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE