米国務長官、パキスタンに圧力-タリバンの和平交渉入りへ積極関与を

  • パキスタンは従来と「異なるアプローチ」採用するべきだと国務長官
  • パキスタンはタリバンやテロリストの支援をやめるべきだと長官

ティラーソン米国務長官は22日、パキスタンに対し、16年にわたるアフガニスタン紛争の終結に向け、従来と「異なるアプローチ」を採用するよう求めた。パキスタンはアフガンの反政府武装勢力タリバンを支援したり、テロリストをかくまうのをやめて、タリバンを和平交渉のテーブルに着かせる取り組みで中心的役割を果たすべきだと指摘した。

  前日にはトランプ大統領が国民向けテレビ演説で対アフガン戦略を説明していた。ティラーソン長官は、トランプ政権が決めた現場指揮官の権限拡大や増派と並行して進める外交努力の詳細を補足説明した。

  ティラーソン長官はワシントンで、「パキスタンが国内のテロ組織に対処するのをわれわれは助ける用意があるが、パキスタンは異なるアプローチを採用しなければならない」と発言した。

原題:Tillerson Pushes Pakistan to Help Get Taliban to Peace Table (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE