米議会共和党、49兆円の追加減税を可能にする予算手法に着目か

米議会共和党内で、相殺措置の説明なしで約4500億ドル(約49兆3600億円)の追加減税を認める予算手法を検討する主要メンバーが増えている。事情に詳しい議会スタッフ4人が明らかにした。

  同案は、税制法案が予算に及ぼす影響を推計する際、税優遇措置の失効などの説明を求められないため、税制案の策定担当者はさらに減税を推し進めることが可能になる。下院の主要策定担当者であるケビン・ブラディ歳入委員長も先月、大幅減税の実現につながるとして、この手法を認める考えを示唆した。ただ、これは民主党や財政タカ派の反発を招く恐れがある。

原題:GOP Eyes Budget Maneuver to Allow $450 Billion More in Tax Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE