ロシア大統領、新駐米大使にアントノフ外務次官を任命-対米強硬派

  • アントノフ氏はロシア疑惑で渦中のキスリャク前大使の後任に
  • アントノフ氏はウクライナ危機巡りEUの制裁対象

ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ危機を巡り欧州連合(EU)から制裁対象とされたアナトリー・アントノフ外務次官を駐米大使に任命した。

  対米強硬派のアントノフ次官は、2016年米大統領選のトランプ陣営メンバーとロシア政府との接触疑惑で渦中の人物となったキスリャク前大使の後任となる。

  ベテラン外交官のアントノフ氏(62)はシリアとウクライナ問題の専門家。2011年から国防次官を務めた後、昨年12月に外務省に復帰していた。

原題: Russia Names Sanctioned Diplomat Antonov as New Envoy to U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE