ユーロ上昇にブレーキ、ジャクソンホールのドラギ総裁恐れ-チャート

  ユーロは2年半ぶり高値の1ユーロ=1.1910ドルに達した後、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がユーロ高による景気への悪影響を懸念するとの観測が浮上、年初からの上昇は最近失速した。年初来で12%の値上がりは8月中旬までの上昇率として1999年の単一通貨導入以降で最高だ。ドラギ総裁は米ワイオミング州ジャクソンホールでのカンザスシティー連銀主催シンポジウムで講演する。

原題:Euro’s Record Surge Pauses as Draghi Set for Jackson Hole: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE