マコネル院内総務、債務上限引き上げ約束-米財務長官は早期行動促す

  • ムニューシン長官、優先順位付けた返済は選択肢でないと示唆
  • 共和党上院院内総務:債務上限を引き上げない可能性は「ゼロ」

ムニューシン米財務長官と共和党のマコネル上院院内総務は21日、議会が米国の前例のないデフォルト(債務不履行)を回避できるよう連邦政府の債務上限を引き上げるとの見方を示した。

  ムニューシン長官はケンタッキー州ルイビルでのイベントで、9月の終わりに債務上限の下で財政を運営する権限が失効するとあらためて指摘し、9月初めの議会の休会明けに上限引き上げを確実にすることが自身の優先課題だと強調した。

  同じイベントでマコネル氏は「債務上限を引き上げない可能性はゼロだ」と述べ、「米国がデフォルトに陥ることはない。米財務長官と連携して仕事を成し遂げる」と述べた。

  ムニューシン長官は「議会指導者との協力でまず私が期待するのは債務上限の引き上げだ」と述べ、「以前にも示した通り、9月末には米財務省の権限は失効する。債務上限の引き上げが必要だ。私が強く望むのは債務上限の無条件での引き上げだ」と語った。

  下院保守派の一部が債務上限を引き上げる代わりに相当の歳出削減を要求していることについて同長官は、「優先順位付けという考え方に関する話があることを承知している」としながらも、「これは債務の一部について返済し、それ以外は返済しないという問題ではない」と述べ、付帯条件なしの「クリーンな債務上限にすることでわれわれは最高の信用力と準備通貨を維持できる」と強調した。

原題:McConnell Promises Debt-Limit Hike as Mnuchin Urges Quick Action(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE