センプラ:オンコーを94.5億ドルで傘下へ、バークシャーに競り勝つ

  発電などのエネルギー事業を展開する米センプラ・エナジーは、テキサス州の送電会社オンコー・エレクトリック・デリバリーを94億5000万ドル(約1兆280億円)で傘下に収める。資産家ウォーレン・バフェット氏率いる投資・保険会社バークシャー・ハサウェイに競り勝った。

  センプラは20日、オンコ-株式の80%を保有するエナジー・フューチャー・ホールディングスの買収に合意したと発表。負債を含めた企業価値は約188億ドルに上る。買収資金は自社の負債や株式などを活用する。

  エナジー・フューチャーは2014年に経営が破綻。6週間前には、バークシャーが90億ドルで買収することに合意していた。その直後、資産家のポール・シンガー氏が率いるヘッジファンド運営会社、エリオット・マネジメントが93億ドルで買収準備をしていると発表して反撃。オンコ-を巡る買収合戦を展開していた。

  エナジー・フューチャーの債権者であるエリオットは21日、センプラによる買収を支持すると表明した。

原題:Sempra Bests Berkshire With $9.45 Billion Offer for Oncor (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE