中国、米国による調査に「強い不満」を表明-必要なら権利守る措置も

中国は21日、米政府が中国の知的財産政策について正式に調査を開始したことに対し「強い不満」を表明し、必要なら対応策を打ち出す方針を示した。

  中国商務省は声明で、米国の調査実施は国内法に基づくもので、世界貿易機関(WTO)のルールを無視しており無責任だと指摘。中国に対する主張は客観的ではないともコメントした。

米国が中国の知財侵害調査を正式開始、通商法301条下で-USTR

  同省はまた米国に対し、経済協力計画を推し進めるよう中国と協力すべきだと呼び掛け、2国間の経済関係を健全かつ安定的な道筋に保つ必要があると促した。多国間の貿易ルール尊重と慎重な行動を求めた上で、米調査の進展を注視し、中国の権利を守るため適切な措置を講じると説明した。

原題:China Expresses ‘Strong Dissatisfaction’ With U.S. Trade Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE