きょうの国内市況(8月21日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は4日続落、根強い北朝鮮警戒と米政治不安で金融や輸出安い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は4営業日続落した。北朝鮮情勢や米政治への懸念が根強いなか、為替がやや円高方向に推移し、時価総額上位業種が下落した。銀行や保険など金融、電機や機械など輸出関連の下げが目立ち、東証1部の売買代金は6月26日以来の低水準。

  TOPIXの終値は前週末比2.17ポイント(0.1%)安の1595.19、日経平均株価は77円28銭(0.4%)安の1万9393円13銭。

  あすかアセットマネジメントの平尾俊裕社長は「北朝鮮や過激派組織『イスラム国(IS)』を巡る地政学リスクや米政権に対する不透明感がある。トランプ政権に対する市場の期待はすでにかなり剥げているが、良くなっていくようには見えない」と指摘。日本株は「懸念材料はかなりあっても買い材料は特になく、こう着状況でも下落方向のリスクがある」と話した。

  東証1部33業種別では、証券・商品先物取引、銀行、ゴム製品、保険、電機、食料品、精密機器、その他金融など16業種が下落。電気・ガス、金属製品、鉱業、建設、海運など17業種は上昇。売買代金上位では、クレディ・スイス証券がカタリスト不足が続くとした東京エレクトロン、SMBC日興証券が目標株価を下げたコニカミノルタ、H形鋼価格の据え置きが失望された東京製鉄、岩井コスモ証券が投資判断を下げた関東電化工業が下落。半面、JPモルガン証券が投資判断を強気に上げた三菱ケミカルホールディングス、イタリアの子会社売却で今期営業利益予想を引き上げたLIXILグループは高い。

  東証1部の売買高は14億690万株、売買代金は1兆7535億円。上昇銘柄数は1038、下落は852。

●債券先物が上昇、リスクセンチメント悪化で買い圧力-超長期も堅調

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券市場では先物相場を中心に上昇。米トランプ政権の先行き不透明感や北朝鮮情勢の緊迫化懸念を背景にリスク回避に伴う買い圧力が掛かった。20年債入札を翌日に控える中、超長期ゾーンに買いが入ったことも相場を支えた。

  長期国債先物市場で中心限月9月物は前週末比4銭高の150円75銭で取引開始。高値警戒感から150円69銭まで売られたが、午後には一時150円81銭と、中心限月の日中取引で6月7日以来の高値を付けた。結局6銭高の150円77銭で引けた。

  バークレイズ証券の押久保直也債券ストラテジストは、「米政権が中長期的には引き続き混乱しているという事実は変わらない。米韓が合同軍事演習を行う中で北朝鮮情勢の緊張感の高まりも続く見通しにあり、リスクセンチメントがオンになるということはない」と指摘。「今週はなかなか金利上昇しづらい地合いが継続する」とみる。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の347回債利回りは、日本相互証券が公表した前週末午後3時時点の参照値と横ばいの0.035%で開始し、一時0.5ベーシスポイント(bp)高い0.04%を付けた。その後は0.035%に戻した。超長期ゾーンでは、新発20年物の161回債利回りが1bp低い0.55%と6月21日以来の低水準を付けた。新発30年物の55回債利回りは0.5bp低い0.845%、新発40年物の10回債利回りは1bp低い1.05%に下げた。

●ドルは109円前半、バノン氏退任で米政権混乱の収束期待も北朝鮮重し

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=109円台前半で推移した。保守強硬派のバノン首席戦略官の退任を受けて、トランプ米政権を巡る混乱がいったん収束に向かうとの期待からドル買い・円売りが先行したが、北朝鮮情勢への警戒感も根強く上値は限定的だった。

  午後3時35分現在のドル・円は前週末比ほぼ変わらずの109円15銭。朝方に一時109円42銭まで上昇した後は伸び悩み、欧州時間にかけては109円10銭まで水準を切り下げる場面もあった。前週末には一時108円60銭と4月19日以来のドル安・円高水準を付けていた。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%高の1159.28。

  三井住友銀行の宇野大介チーフストラテジストは、ドル・円について、「バノン首席戦略官が辞任し、米政権内部のぐらつきが収まるとの見方からドル売りがいったん収まった形」と指摘。「基本的な流れは変わっていない。前週のドル売りの背景は北朝鮮情勢、トランプ政権の人種問題発言や人事のごたごたなど。バノン辞任が全てではない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE