米ミサイル駆逐艦がマラッカ海峡で商船と衝突-10人行方不明

  • 米海軍の艦船による事故はこの2カ月で2回目
  • 6月には米イージス艦が伊豆半島沖でコンテナ船と衝突

米海軍のミサイル駆逐艦「ジョン・マケイン」が21日、シンガポールへ向かってマラッカ海峡を航行中に商船と衝突し、乗組員5人が負傷、10人が行方不明となっている。この2カ月前には米イージス艦「フィッツジェラルド」が伊豆半島沖でコンテナ船と衝突する事故が発生したばかり。

  米海軍の発表資料によると、捜索・救助活動が行われており、当初の報告は同駆逐艦の左舷側後方が損傷したことを示した。海軍は船体の損傷や負傷者のけがの程度を調べているという。

  「フィッツジェラルド」とコンテナ船の衝突では乗組員7人が死亡。海軍は艦長ら3人を解任した。

  第7艦隊のエリザベス・ジマーマン報道官は、「何が起きたのか依然調査中」であり、今回の衝突を「フィッツジェラルド」の事故と比較するのは「時期尚早」だとコメントした。第7艦隊はこの海域で40-60隻の艦船を展開している

原題:Ten Sailors Missing After U.S. Warship Collision Near Singapore(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE