バノン首席戦略官が退任、「きょうが最終日」とホワイトハウス

更新日時

米ホワイトハウスは18日、スティーブ・バノン氏(63)が首席戦略官の任務を退くと発表した。米バージニア州で先週末起きた白人至上主義者らの暴力行為に対するトランプ大統領の発言を巡り、非難が高まる中で、大統領に最も近い側近だったバノン氏が辞任に追い込まれた。

  トランプ政権では過去4週間にわたり、要職者の辞任や解任が相次いだ。大統領首席補佐官を務めていたラインス・プリーバス氏や報道官だったショーン・スパイサー氏はいずれも辞任。広報部長を務めたアンソニー・スカラムッチ氏は起用後わずか11日で解任された。

バノン氏

Photographer: Olivier Douliery/Bloomberg

  ホワイトハウスのサンダース報道官によると、ケリー大統領首席補佐官とバノン氏は18日を勤務最終日とすることでお互いに合意した。

  米大統領選挙戦で選挙対策責任者を務め、トランプ氏を勝利へと導いたバノン氏は、政権内における保守的な大衆主義の象徴的な存在だった。

  バノン氏はバージニア州シャーロッツビルで起きた暴力行為を巡り、批判を招いたトランプ大統領の対応を称賛していた。

  米民主党のペロシ下院院内総務はバノン氏の退任について「喜ばしいニュースだが、トランプ大統領自身の白人至上主義や偏見に満ちた考えを支持する姿勢が変わるわけではない」と述べ、「大統領が米国民の大切な価値観を汚すような政策を掲げている限り、人を入れ替えても意味がない」と続けた。

原題:Bannon Ousted From White House Amid Furor Over Trump Remarks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE