トランプ大統領がツイッターやめれば時価総額20億ドル喪失も-モネス

  • 大統領がツイートやめれば「多重圧縮」のリスク-キャクマック氏
  • 「大統領ほど無料で高い広告効果が挙がるものは他にない」
トランプ米大統領はツイッター社にどれほど貢献しているか

トランプ米大統領がツイートをやめれば、ツイッターの時価総額のほぼ20%が失われる可能性がある。

  それがモネス・クレスピ・ハートのアナリスト、ジェームズ・キャクマック氏の結論だ。トランプ大統領がツイートをやめれば、ツイッターの時価総額のうち最大20億ドル(約2200億円)が喪失すると同氏は予想する。

トランプ大統領のツイート

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  キャクマック氏はインタビューで、その理由は同大統領がツイッターをやめることによって利用者が大幅に減り、「収益につながる」日毎の利用者数が減少するためではないと指摘。そうではなく、最も著名な利用者がいなくなることがツイッターの無形資産価値に打撃を与え、「多重圧縮」につながるかもしれないと語る。

  キャクマック氏は「米国の大統領ほど無料で高い広告効果が挙がるものは他にない」と説明した。同氏のツイッターの投資判断は「中立」。

  ツイッターは利用者の総数を公表していないが、キャクマック氏は1日当たりの利用者数を約1億2500万人と推計。これは、「スナップチャット」を運営するスナップの利用者数を約30%下回る。ツイッターは7月、4-6月(第2四半期)に1日当たりの利用者数が前年同期比で12%増加したと発表した。

  トランプ大統領はツイートを開始した2009年以降、3万5000回余りツイートし、フォロワー数は3600万人に達する。

  キャクマック氏は17日発表したリポートで、ツイッターの事業は「政治とのつながりが薄れる可能性」によってそれほど大きなリスクに直面しているわけではないと説明。「最も重要なのは適切な戦略の実行だ。現状ではツイッターは目の前にあるチャンスを十分に生かせていないからだ」との見方を示した。

  トランプ大統領が昨年11月8日の大統領選に勝利して以降、ツイッターの株価は14%下落している。ブルームバーグが集計したデータによれば、時価総額は約117億ドル。

原題:What Is Trump Worth to Twitter? One Analyst Estimates $2 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE