NY外為(18日):ドル軟調、政治混乱で-円は対ドルで上げ縮小

更新日時

18日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落し、円は上昇。ただ円は、対ドルで一時下げに転じる場面があった。ホワイトハウスのバノン首席戦略官が退任するとの報道に反応した。

  この日市場では朝方からバノン氏の去就を巡りさまざまな観測が広がっていたことから、同氏退任が正式に発表されるとリスク選好が戻った。円は対ドルでの上げを縮め、主要10通貨の大半に対して値下がりした。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%安。円は対ドルで0.4%高の1ドル=109円18銭。一時は108円60銭に上げる場面もあった。

  ユーロは0.3%上げて1ユーロ=1.1761ドル。

  トランプ政権を巡る最近の混乱に加え、スペインでのテロ攻撃もあり、市場の不安は続いている。この日も朝方は逃避の動きが強まり、ドルは一時108円60銭と4月19日以来の安値を付けた。バージニア州で先週起きた白人至上主義者らと反対派との衝突に関するトランプ大統領の発言を巡っては2012年の大統領選挙で共和党候補だったミット・ロムニー氏も批判を展開した。

  来週始まる米韓の軍事演習で北朝鮮からは新たな反応が見られる可能性はあるが、現在のところ市場への大きな影響はないとみられる。トランプ大統領は週末に国防・外交政策チームと協議するが、主なテーマはアフガニスタンを巡る政策となる見通し。

  ドルは対円で一時109円60銭の高値を付けた。109円10銭を抜けた時点でストップロスの買い注文が発動したと、ニューヨークのトレーダーは述べた。ドル・円の取引は活発で、米韓の軍事演習が控えていることから、市場では逃避需要が再び高まる可能性がある。

  TDセキュリティーズのストラテジスト、マーク・マコーミック氏はドルについて、対円は割安なようにみえると指摘。分析モデルに基づけば、112円50銭付近が適正水準だと説明した。「今はリスク選好のみで相場は動いている」と述べた。

  欧州の複数のトレーダーによればユーロは、ヘッジファンドによるの買いで欧州時間に1.1774ドルを付けたが、その後はやや上げを縮めた。

原題:Dollar Holds Losses Amid Political Turmoil; Yen Trims Gains(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE