コーン氏、NEC委員長にとどまる意向-ホワイトハウス当局者

トランプ米政権で税制改革を担うコーン国家経済会議(NEC)委員長は同役職にとどまる意向だと、ホワイトハウス当局者が述べた。

  バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者らと反対派との衝突でトランプ大統領の発言に特に動揺したと伝えられたコーン氏だが、辞任する計画はないと、匿名を条件に述べた同当局者が明らかにした。

  トランプ大統領の15日の記者会見での発言は、シャーロッツビルの暴力行為で白人至上主義者と反対派を同等に扱ったと受け止められた。ユダヤ人のコーン氏は大統領の隣に立ち記者会見に臨んでいた。

  この記者会見以降、コーン氏は辞任を考えているとの臆測が広がっていた。これまでのところ当局者は大統領とコーン氏が15日以降に会話したかどうかは明らかにしていない。
  
  トランプ大統領は以前、2018年に任期満了となるイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長を再指名する可能性がある一方、コーン氏も次期FRB議長の有力候補であると述べていた。

原題:Gary Cohn Is Said to Stay in Post as Top Trump Economic Adviser(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE