トランプ大統領、世界からの信頼でプーチン大統領に及ばず-調査

トランプ米政権がますます窮地に陥る中、世界の国々は米国の新しい大統領に愛想を尽かしつつあるようだ。

  ピュー・リサーチ・センターが実施した調査で、36カ国のうち22カ国の回答者が世界情勢への対応においてトランプ大統領よりもロシアのプーチン大統領を信頼していることが示された。これにはドイツやフランス、日本などの米国の同盟国も含まれる。英国とインド、イスラエルではトランプ氏の方が信頼されていた。

  ただ、こうした状況が改善する公算は小さい。今回の調査は、トランプ大統領の北朝鮮に対する熾烈(しれつ)な警告で世界を不安に陥れた先週よりも前に行われたためだ。さらに、トランプ政権のバノン主席戦略官は米誌アメリカン・プロスペクトとのインタビューで、北朝鮮の核開発計画を巡る取引の見返りとして韓国から駐留部隊を引き揚げる意向があると述べたほか、中国にも矛先を向けて「私にとって、中国との経済戦争が全てだ」と発言した。

トランプ大統領とプーチン大統領、ドイツ・ハンブルクで7月7日に会談

写真家:SAUL LOEB

原題:Trump Less Trusted Than Putin Across the World: Balance of Power(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE