トランプ氏、彫像撤去運動「愚かしい」と非難-共和党議員2人を罵倒

トランプ米大統領は自分を批判した共和党上院議員2人をツイッターで罵倒し、南北戦争の南部連合を率いた将軍の彫像撤去を求める運動を「愚かしい」と非難した。

  大統領は彫像撤去運動について、「偉大な米国の歴史と文化が、美しい彫像と記念碑の撤去によって引き裂かれるのを目の当たりすることは悲しい」と投稿。歴史を変えることはできないが、「歴史から学ぶことはできる」と述べ、「われわれの市や町、公園から取り除かれるこの美しいものは、撤去後に深い悲しみを呼び、二度と同じようなもので代替することはできなくなる!」と続けた。

  大統領はこれより先、リンゼー・グラム上院議員(共和党)が「胸が悪くなるようなうそ」をついたと非難。「私がKKKやネオナチ、白人至上主義者とハイヤーさんとの間に倫理上の違いはないと述べたなどと、出たがりやのリンゼー・グラムは虚偽の発言をした」とトランプ大統領は非難。「胸の悪くなるようなうそだ」と続けた。さらにジェフ・フレーク上院議員(アリゾナ州)に対しては「有害な人物だ」と罵倒した。

原題:Trump Wades Into Race Controversy Again as He Slams GOP Critics(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE