RBS、ロンドンのオフィスビルをアイバンホーに売却で合意-関係者

  • コスト削減策の一環で売却、価格は1.45億ポンドを下回るという
  • 買い手はケベック州貯蓄投資公庫傘下のアイバンホー・ケンブリッジ

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は、ロンドンのオフィスビルをカナダのアイバンホー・ケンブリッジに売却することで合意した。事情を知る関係者2人が明らかにした。

  「プレミアプレイス」ビルの売却価格は6月にRBSが売却先を探し始めた当時求めていた1億4500万ポンド(約205億円)をやや下回ったと匿名を条件に関係者が語った。RBSのロス・マキューアン最高経営責任者(CEO)は4月、1-3月(第1四半期)決算に関する電話会議で、7億5000万ポンド規模のコスト削減策の一環として同ビルから退去する計画を表明していた。

  RBSの広報担当者は、効率性と費用効果を最大限引き出す方法で同社資産を活用する戦略の一環として、プレミアプレイスを年内に売却する計画だと述べたものの、それ以上のコメントを控えた。ケベック州貯蓄投資公庫(CDPQ)傘下のアイバンホー・ケンブリッジもコメントを控えている。

原題:RBS Said to Be Selling London Office to Quebec’s Ivanhoe (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE