BofAのプレミアムリサーチ料金は最高880万円-最低料金44万円も

  • ベーシックオファーの料金ははるかに安く4000ドルからとなる
  • 債券だけに関心がある投資家を対象に「超高級サービス」も準備

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)は、欧州連合(EU)の新規制の下で顧客への無料リサーチ提供が禁止された段階で、リサーチ部門のフルパッケージのサービス費用として年間最高8万ドル(約880万円)を資産運用会社に請求する予定だ。ブルームバーグ・ニュースが顧客に提案された料金プランの内容を確認した。

  15日に顧客に書面で提示されたオファーによれば、プレミアムパッケージの契約には、アナリストと直接話したり、会議に出席したりする機会のほか、主要企業の上級幹部や政策担当者とのミーティングも含まれる。それらのサービスをどこまで利用するかによって、料金は1万5000ドルから8万ドルと異なる。

  BofAの広報担当セリナ・モリス氏(ニューヨーク在勤)は、コメントを控えている。英銀バークレイズは、株式リサーチのプレミアムオファーの料金として最高35万ポンド(約5000万円)を顧客に提示しているという。

ブルームバーグのジェーソン・ケリー氏

(出所:Bloomberg)

  BofAの株式・債券リサーチへのリードオンリー(読むだけ)のアクセスを提供するベーシックオファーの場合、料金ははるかに安く、「アナリストコメントや株式モデル、グローバル電話会議のプラットフォームに定期的にアクセスする」アクティブユーザーの数が10人未満の顧客が6000ドル、10人から99人の顧客が5000ドル、最大級のバイサイドの顧客は4000ドルとなる。一方、債券だけに関心がある投資家を対象として、30社限定で1社当たり10万ドルの「超高級サービス」も提案している。

MiFID2とは-QuickTake

  来年1月に施行されるEUの金融・資本市場の包括的な規制、第2次金融商品市場指令(MiFID2)の下では、資産運用会社が銀行などに支払う取引手数料と銀行側の投資リサーチ費用を切り離すことが義務付けられる。

原題:BofA Quotes as Much as $80,000 a User for Premium MiFID Research(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE