JPモルガンのダイモン氏、トランプ氏に強く反対-バージニア州事件

JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、企業経営者らで構成するトランプ米大統領の諮問委員会解散を支持すると述べた。バージニア州シャーロッツビルで起きた暴動への同大統領の対応に強く反対していることが理由だという。

  ダイモンCEOは16日に従業員に宛てたメモで、「曖昧さが入る余地はない。憎悪をむき出しにした悪人らの邪悪な行動はとがめられるべきであり、多様性と思いやりを強さの源とする米国に彼らの居場所はない」と言明。「米国の分断を是正しなければ、建設的な経済および規制政策は及ばず、重要性を失う。人々をばらばらにするのではなく、まとめることが企業においても政府においても指導者の役割だ」と続けた。

原題:Dimon Says He Strongly Disagreed With Trump on Charlottesville(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE