アップル、独自のテレビ番組・映画制作に10億ドル投入を計画-関係者

アップルは今後12カ月間で約10億ドル(約1105億円)を投じ、独自の番組制作に取り組む計画だ。動画ストリーミング分野で米アマゾン・ドット・コムやネットフリックスへの競争力を強化する。計画に詳しい関係者が明らかにした。

  計画が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、ロサンゼルスに拠点を置く新たなチームが音楽配信サービス「アップル・ミュージック」や今後の動画ストリーミング製品向けにテレビ番組や映画の制作および購入を手掛ける。同チームは今年6月に採用されたソニー・ピクチャーズテレビジョンの元幹部ジェイミー・アーリクト氏とザック・バンアンバーグ氏の両氏が率いる。米ウォールストリート・ジャーナル紙がこれより先に同計画を報じていた。アップルの広報担当者はコメントを避けた。

  約10億ドルの予算はまだ最終的に決定していないが、ネットフリックスやアマゾンが独自番組に投じる予算と比べると大幅に少ないと、同関係者は指摘した。ネットフリックスは今年、番組制作に60億を投じると明らかにしているほか、JPモルガン・チェースのアナリスト予想によるとアマゾンは約45億ドルを同予算に充当している。

原題:Apple Said to Plan $1 Billion Investment in TV Shows and Films(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE