【個別銘柄】JSR急騰、Jディスプも高い、長雨で家電販売店株安い

更新日時

16日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

  JSR(4185):前日比7.1%高の2028円。モルガン・スタンレーMUFG証券は投資判断を「イコールウエート」から「オーバーウエート」に、目標株価を2300円から2400円に上げた。半導体関連材料の好調や石化関連の採算が想定以上となり、持たざるリスクが高まる可能性があるとした。営業利益は2020年3月期に570億円と、過去最高益600億円に迫るとみる。野村証券もエラストマー事業の予想以上の採算改善を評価し、投資判断を「中立」から「買い」に上げた。

  ジャパンディスプレイ(6740):6.7%高の192円。東海東京調査センターは投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を230円から400円に上げた。負のスパイラル経営から「選択と捨象」と「破壊と創造」を断行することで、利益の確保と新分野への成長戦略を加速する「第二の創業」が始まっていると評価。9日発表の構造改革と中期経営計画、FPD(フラットパネルディスプレー)業界環境の変化を踏まえて業績予想を見直し、18年3月期営業利益を80億円、19年3月期を231億円に設定した。

  家電量販店株:ビックカメラ(3048)が2.2%安の1271円、エディオン(2730)が2%安の1030円など。証券ジャパンの大谷正之調査情報部長は電話取材で「8月に入ってから長雨続きとなり、販売の実態はともかく、エアコン販売など夏商戦があまり良くないのではないかとの連想が働きやすい」と述べた。東日本の太平洋側を中心に雨の日が多く、東京では1日から15日連続で雨を観測したと16日付日本経済新聞は報じた。

  カシオ計算機(6952):1.8%安の1610円。モルガン・スタンレーMUFG証券は投資判断を「イコールウエート」から「アンダーウエート」に下げた。収益成長ドライバーである時計事業のトップライン成長とマージン前提を引き下げ、18年3月期の営業利益予想を336億円から293億円に変更した。会社計画340億円を大きく下回る。デジタルカメラ、楽器事業が転換期で追加的な費用計上のリスクが高く、その他システムの不採算事業撤退後、プロジェクターや新規事業で開発費などのコスト増も想定されるという。

  ダイフク(6383):4.3%高の4570円。野村証券は目標株価を3200円から5200円に上げ、投資判断は「買い」を継続した。18年3月期営業利益予想を270億円から330億円(会社計画300億円)へ増額、中期計画の21年3月期目標336億円に迫る勢いだと指摘。注目点はマテハン(物流)機器需要の高機能化や厚みを増す事業基盤などとしている。

  アルプス電気(6770):3.6%高の3065円。JPモルガン証券は目標株価を3800円から3900円に上げ、投資判断「オーバーウエート」を継続した。北米スマートフォン向けカメラアクチュエータの収益インパクトは想定以上で、ツインOIS(光学手ぶれ補正)が本格化する下期から来期に向けての利益成長をけん引するとみている。18年3月期営業利益予想を640億円から650億円(会社計画610億円)、来期を760億円から780億円に増額した。

  サイバーエージェント(4751):3.6%安の3495円。ジェフリーズ証券は目標株価を3700円から3350円に下げた。既存のゲーム事業が減速し、ゲーム制作子会社サイゲームスからの新作リリースは来期にずれ込むと予想。動画配信サービス「AbemaTV」の先行投資増加も業績の重しになるとみる。17年9月期営業利益予想を327億円から281億円(会社計画280億円)に、来期を436億円から264億円に減額した。投資判断は「ホールド」継続。

  ペッパーフードサービス(3053):13%高の5850円。7月度の既存店売上高はペッパーランチが前年同月比8.6%増、レストランが10%増、いきなりステーキが27%増とそろって前年を上回った。

  イオンファンタジー(4343):5.9%高の3235円。7月の既存店売上高は前年同月比7.6%増だった。3-7月累計でも7.3%増。プライズ部門でオリジナル景品「コロコロコミック クッション」の展開や映画関連景品が好調だった。

  ブイ・テクノロジー(7717):2.8%高の1万7540円。岩井コスモ証券は、10日の第1四半期決算後の株価急落は過剰反応とした。受注は大幅増と追い風環境は継続、第2四半期以降に受注残をこなすことで十分巻き返しが可能で、株価は早晩リバウンドが期待できるとみる。

  コメ兵(2780):3.2%高の1551円。いちよし経済研究所は新規出店した大型店の集客好調を見込み、18年3月期営業利益予想を従来の13億4000万円から14億円に増額した。14日に上方修正された会社計画は13億3000万円。大型新店はブランドイメージ引き上げに貢献しており、状態の良い商品を安定的に供給する富裕層の顧客を広域から集客できるようになるとみる。

  ボルテージ(3639):7.2%高の1537円。今夏に配信開始予定の女性コア層向け新ブランド「ボルテージドリーム」の第1弾タイトル「アニドルカラーズ」の事前登録者数が15万件を突破したと15日に発表した。

  enish(3667):13%高の2321円。欅坂46の公式ゲームアプリ「欅のキセキ」をヤフーゲームのPC用アプリケーションでも今秋配信することが決まったと16日午後に発表した。欅坂46の成長の軌跡などをたどるパズルゲーム。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE