米住宅着工件数:前月比4.8%減、集合住宅が大幅減-許可件数も減少

更新日時

7月の米住宅着工件数は前月比で減少した。アパート建設が大きく落ち込んだほか、一戸建て住宅の着工も小幅に減少した。米商務省が16日発表した。

住宅着工のハイライト(7月)

  • 住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は前月比4.8%減の116万戸
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は122万戸
  • 一戸建ての着工件数は0.5%減、集合住宅は15.3%減
  • 着工件数の先行指標となる住宅着工許可件数は4.1%減の122万件

エコノミストの見方

  ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのシニアエコノミスト、マーク・ビトナー氏は統計発表前に発表したリポートで、「一戸建て住宅の着工は建設業者の信頼感上昇にまったく追いついていない。過去の景気サイクルと比較して、建設業者による土地や労働力の確保が一段と難しくなっていることを反映している」と分析した。

  一戸建て住宅の着工件数は85万6000戸と、前月の86万戸から減少。変動の大きい集合住宅は29万9000戸で、前月の35万3000戸から落ち込んだ。

  地域別では全米4地域中、3地域で着工件数は減少。中西部で15.2%減少したほか、西部では1.6%のマイナスだった。

  統計の詳細は表をご覧下さい。

原題:U.S. Housing Starts Fell in July on Apartment Building Slowdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE