NY外為:ドルが主要通貨に対し上昇-小売売上高など米指標堅調

更新日時

15日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続伸。ドル指数は7月20日以来の高値を付けた。7月の米小売売上高と8月のニューヨーク連銀製造業景況指数が市場予想を上回ったことが好感された。

  ドル指数はこの日の高値からは上げを縮めたものの、ドルは主要10通貨のうちスウェーデン・クローナを除く全てに対して値上がり。ドルは米国債利回りの動きに連動する形で上昇した。ロンドンのトレーダーらによると、この日は欧州の一部で祝日だったことから、為替市場の取引はそれほど活発ではなかった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%上昇。ドルは対円で1%高の1ドル=110円67銭。対ユーロでは0.4%上げて1ユーロ=1.1735ドル。

  米国と北朝鮮との間の緊張状態は和らぎつつあるように見受けられるが、リスク選好はなお抑制されており、そうした中で市場では均衡点を探る動きが続いている。また経済指標で米経済が7-9月(第3四半期)に堅調さを増したことが示唆されたことを受け、ポジションを調整する動きも広がった。

  7月の米小売売上高は前月比0.6%増と、伸びは今年最大となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は0.3%増だった。前月は0.3%増(速報値0.2%減)に上方修正された。

  ユーロはドルに対して朝方、一時1.1687ドルとこの日の安値を付けた。またドル指数は一時約0.7%高となった。これは7月の米雇用統計が発表された4日以降で最大の上げ。

  ドルは対円では一時1.1%上昇して110円85銭を付けた。この上昇率はここ2カ月で最大。米朝間の緊張状態緩和を受けて逃避需要が後退していることから、円は軟調な動きとなっている。

原題:Dollar Sees 4-Week High After Better-Than-Expected Economic Data(抜粋)
原題:Broad-Based Advance in U.S. Retail Sales Shows Solid Spending(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE