NY原油(15日):下げをほぼ埋める、米在庫減への期待で

15日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物はほぼ変わらず。米シェール増産を懸念して一時は1.2%安まで売られていたが、米原油在庫の減少期待を背景に下げをほぼ埋めた。

  みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレクター、ボブ・ヨーガー氏は電話取材に対し、「統計の数字を予想してポジションが調整されつつある」と指摘。同氏は米原油在庫が少なくとも400万バレル減少したとみている。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比4セント(0.08%)安い1バレル=47.55ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は7セント上昇の50.80ドル。

原題:Oil Pares Losses as Market Looks to Potential Stockpile Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE