米アマゾンが160億ドルの起債-ホールフーズ買収で資金調達

更新日時
  • アマゾンの起債は2014年以来、無担保債7本建て
  • 40年物の利回り、米国債に対する上乗せ幅は仮条件下回る

インターネット通販最大手、米アマゾン・ドット・コムは15日、160億ドル(約1兆7700億円)相当の無担保債を7本建てで起債した。自然食品スーパーマーケットチェーン、ホールフーズ・マーケットを137億ドルで買収するための資金調達。

  事情に詳しい関係者1人によると、今回の起債で年限が最長の40年物は米国債に対する利回り上乗せ幅が1.45ポイントと、仮条件の1.6ー1.65ポイントを下回り、市場の関心の高さを示唆した。

ホールフーズ買収資金の調達で起債するアマゾンについてブルームバーグ・インテリジェンスのノエル・ヒーバート氏がリポート。

(出所:Bloomberg)

  アマゾンの起債は2014年以来。同社は210億ドル余りの手元現金などを保有しており、買収資金にもっと配分できる可能性もあった。ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ジテンドラ・ワラル氏は、債券の発行体にとって今は低金利を利用する好機だと述べ、「このルートの方が低コストで柔軟性がある」と指摘した。

  関係者によると、アマゾンの起債はバンク・オブ・アメリカ(BofA)とゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・チェースが幹事を務めた。

原題:Amazon Makes Rare Bond Play in $16 Billion Sale for Whole Foods(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE