英政府、EU関税同盟と「密接な関係」を目指す方針-離脱交渉で

英政府は14日、欧州連合(EU)離脱後も関税がなく、官僚主義の煩雑な手続きの負担の少ないEUとの通商関係を具体的な期間を特定せず、維持したい意向を明らかにした。

  英政府は、2019年3月に予定される離脱後もEUの関税同盟と「密接な関係」を保つことを離脱交渉で目指す方針を示した。

原題:U.K. Seeks Interim Customs Union With EU to Smooth Brexit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE