ロンドンの名物消える、ビッグベンの鐘4年間停止へ-大規模修繕で

英ロンドンの観光名所で「ビッグベン」の愛称で知られる国会議事堂の時計塔の鐘が21日から4年間にわたって聞けなくなる。鐘と時計に加え、時計塔全体に及ぶ大規模修繕作業のためだという。

  英下院は電子メールで14日送付した声明で、修復プロジェクトに際し作業員の安全を確保するためだと説明。重さ13.7トンのこの鐘は15分ごとに鳴り響き、過去157年間ほとんど休むことなく時を告げてきた。

  これまでに1983-1985年の改修工事や2007年の整備に伴い鐘を鳴らすのを一時停止したほか、13年の故サッチャー元英首相の葬儀の際にも鐘の音が止められた。

原題:London’s Big Ben Bell to Fall Silent Next Week for 4 Years (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE