米マイクロソフトの共同創業者で資産家のビル・ゲイツ氏が、自身の財産の5%に相当する保有株を寄付した。今世紀に入ってからの同氏の寄付金として最高額となった。

  14日公表された米証券取引委員会(SEC)への届け出によれば、ゲイツ氏は保有するマイクロソフト株6400万株、46億ドル(約5070億円)相当を6月6日に寄付した。寄付の相手先は明らかになっていないが、同氏のこれまでの寄付の大半は、夫妻が創設した慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」宛てだ。

  ブルームバーグの推計によれば、ゲイツ氏(61)は1999年にマイクロソフト株160億ドル相当を、その1年後には51億ドル相当を寄付したが、今回の額はそれ以来の大きさ。

  マイクロソフトの広報担当者とゲイツ氏にコメントを求めているが、現時点で返答はない。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、今回の寄付の後でもゲイツ氏の資産額は861億ドルで世界1位だ。

原題:Gates Makes Largest Donation Since 2000 With $4.6 Billion Pledge(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE