仏ダノンを標的に、物言う株主コーベックスが過小評価と指摘-関係者

  • キース・マイスター氏のヘッジファンド、ダノン株4億ドル相当取得
  • ダノンの米国上場株は14日、一時11%上昇

キース・マイスター氏率いるアクティビスト・ファンド、コーベックス・マネジメントは、フランスのヨーグルトメーカー、ダノンがかなり過小評価されているとの見方から同社株を取得した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  投資は未公表だとして関係者が匿名を条件に明らかにしたところによれば、コーベックスはダノン株約4億ドル(約438億円)相当を保有。経営陣が事業を改善し、健康ブームから恩恵を受ける状況に事業を乗せることができれば、同業他社と比べたパフォーマンスが回復すると考えているという。

キース・マイスター氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  コーベックスは現時点で経営陣交代を公に求めたり、委任状争奪戦を開始する計画はないが、そのスタンスを変える可能性もあるという。

  ダノンの米国上場株は14日、一時11%上昇した。

  同社株は過去1年で約5%下落し、時価総額は約450億ユーロ(約5兆8300億円)。ブルームバーグの集計データによれば、ダノンの株価収益率(PER)は現在22.58倍で、ネスレの27.37倍やユニリーバの24.29倍を下回っている。

  コーベックスとダノンの担当者はコメントを控えた。

原題:Danone Is Said to Be Targeted by Activist Corvex as Undervalued(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE