NY連銀ダドリー総裁:年内もう1回の利上げをなお支持

更新日時
  • 9月にバランスシート縮小計画を発表するとの見方は不合理ではない
  • 労働市場の引き締まりの持続が賃金やインフレ率を押し上げへ

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、米金融政策当局が9月にバランスシート縮小計画を発表するとの見方は不合理ではないと述べ、景気が持ちこたえる場合には「年内もう1回の利上げを支持するだろう」との立場を示した。AP通信とのインタビューで発言した。

  ダドリー総裁はバランスシートの縮小開始時期について9月に明らかにされるとの見方は「不合理」ではないと語った。さらに米債務上限引き上げを巡る政治的な議論が縮小開始の時期に「大きな影響」を及ぼす可能性は低いとし、その理由について縮小プログラムの開始時期を発表したとしても実際の開始を遅らせることは可能だからだと指摘した。

  4兆5000億ドル(約493兆円)規模のバランスシート縮小について、同総裁は「市場で計画は想定内だ。全般的に好意的に受け止められ、完全に織り込まれていると思う」と述べ、「最新の連邦公開市場委員会(FOMC)の声明でも比較的早期に実施するとの見通しを示した。実際にそうなるとみている」と説明した。

  労働市場が拡大し経済全般が順調にもかかわらず、インフレ率がなお当局の目標を下回っていることに関しては、「労働市場の引き締まりが続いて賃金がしっかりと上昇し、最終的にインフレ率を2%の目標に向けて押し上げていくと予測している。長年見られなかったほど労働市場が相当引き締まっている様子を示唆する証拠がかなり広範囲に見られることは、良いことだ」とコメントした。

  ダドリー総裁は「インフレ率を持続的なベースで抑制する構造的で長期的な変化のようなものが存在するかどうかについてはまだ結論が出ていない。過去数カ月の間に見られた数値の主因が携帯電話の大幅な値下がりなど一時的要因なのか、あるいはもっと根本的な要因が働いているのかを見極める意味で、今後4-6カ月が重要になってくると思う」と主張した。

  総裁はさらに、長期的な要因がインフレ率を押し下げている場合には、賃金や物価の上昇が引き起こされる前に失業率がさらに低下する可能性があると付け加えた。

原題:Fed’s Dudley Says He Still Favors Another Rate Hike in 2017 (1)(抜粋)

(総裁の発言を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE