トランプ米大統領は米国側が主張する中国の知的財産侵害で同国への圧力を強める。両国は北朝鮮の核の脅威を抑制するため協力しているが、貿易摩擦は新たな段階を迎えことになった。

  同大統領は14日にライトハイザー通商代表部(USTR)代表に中国の知的財産政策の調査検討を指示する大統領覚書に署名する。米政府当局者が12日の電話会議で記者団に明らかにしたもので、中国で業務を展開する米企業に技術移転を求める慣行が焦点となる。

  同当局者によれば、中国側に不正が見つかれば、トランプ政権には輸入関税の適用など広範囲の選択肢がある。公的に話す権限がないとして、匿名を条件に語った。USTRが調査を行う場合、最大1年を要する可能性がある。

  ただ、トランプ大統領の今回の措置は一部アナリストが予想していた行動に至っていない。USTRは直接調査を始めるのではなく、米通商法301条に基づく調査を開始するか検討するだけだ。

  政権当局者は調査開始の有無を決断するために、どの程度時間を要するかコメントしなかった。

原題:Trump Is Said Ready to Turn Up China Heat Over IP Transfers (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE