北朝鮮ミサイルに備え中国・四国の4カ所にPAC3配備-防衛省

更新日時
  • PAC3の配備は12日に完了する見込み-防衛省
  • 「国民の生命と財産を守るために最善を尽くす」-安倍首相

北朝鮮が弾道ミサイルをグアム島周辺に発射する場合に備え、上空を通過すると予告された中国・四国地方の4カ所に、自衛隊の迎撃ミサイルPAC3の部隊が展開する。防衛省の広報担当者が明らかにした

  防衛省の広報担当者によると、部隊の展開は11ー12日にかけて実施しており、12日中に完了する見込み。PAC3が配備されるのは島根県の出雲駐屯地、広島県の海田市駐屯地、愛媛県の松山駐屯地、高知県の高知駐屯地。

  PAC3の配備についてはNHKなどが報道していた。報道によると、安倍晋三首相は記者団に「国民の生命と財産を守るために最善を尽くしたい」と述べた。

(防衛省の広報担当者のコメントを受けて更新しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE