トランプ米大統領は11日、ベネズエラの政治・経済危機への対応策として軍事的選択肢を検討していることを明らかにした。

  大統領は滞在先のニュージャージー州ベッドミンスターのゴルフ場で短い記者会見を開き、「ベネズエラはそれほど遠くなく、国民は苦しんでいる」と指摘。「ベネズエラに対しては多くの選択肢があり、必要なら軍事的な選択肢も含まれる」と述べた。

  トランプ氏の発言は、米国がベネズエラ情勢への関与を強める可能性を示唆している。ベネズエラに対してはマドゥロ大統領が憲法改正と権力固めに向けた制憲議会を招集して以降、制裁を強化する動きが出ている。

  トランプ大統領はマドゥロ氏の退陣を目指すのかとの問いに答えなかった。軍事的な選択肢を選んだ場合、米国は軍事的に何をするのかや単独で行動するのかについても具体的な言及を避けた。ペンス副大統領は週末に南米諸国に向かい、コロンビアやアルゼンチン、チリなどを訪問する。

原題:Trump Warns of Potential U.S. ‘Military Option’ in Venezuela (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE