鴻海精密工業が発表した4-6月(第2四半期)決算では利益が市場予想の下限を下回った。この秋のアップルによる新「iPhone(アイフォーン)」発売を前に世界的にスマートフォン出荷が伸び悩んだ。

  純利益は178億8000万台湾ドル(約644億円)。ブルームバーグ集計によるアナリストの平均予想は237億台湾ドルだった。

  調査会社カウンターポイントによると、4-6月期に世界のスマートフォン出荷は3%にとどまった。増加の大半はオッポ(OPPO)や華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)など自社生産を行う中国メーカーだった。

  鴻海精密の売上高のほぼ半分はアップルに頼る。発売10周年を記念するアイフォーンの新モデルは有機EL(OLED)パネルが使われており、その品不足が生産を阻む懸念がある。

原題:Hon Hai Profit Disappoints as Sales Sag Ahead of New iPhone (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE