シンガポール:4-6月GDP改定値、速報値から上向き修正

シンガポールの4-6月期の国内総生産(GDP)改定値は速報値から上向きに修正された。世界貿易の回復によって製造業が支えられた。

  同国貿易産業省が11日発表した4-6月期GDP改定値は前期比年率2.2%増と、先月発表された速報値の同0.4%増から上方修正された。ブルームバーグがエコノミスト6人を対象にまとめた予想中央値では0.5%増が見込まれていた。前年同期比では2.9%増となり、エコノミスト予想中央値の2.5%を上回った。

  同省は2017年のGDP伸び率見通しを2-3%と、従来の1-3%からレンジを狭めた。同国のリー・シェンロン首相は8日、今年のGDP伸び率は2.5%となる公算が大きいと語った。16年の伸び率は2%だった。

原題:Singapore’s Economy Grows Faster Than Previously Estimated(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE