トランプ米大統領:「炎と怒り」は厳しさが足りなかったかもしれない

US President Donald Trump

Photographer: Nicholas Kamm/AFP via Getty Images

トランプ米大統領は10日、北朝鮮が米国や同盟国に対して「何らかの行動に出た場合」、「起こり得ないと思っていたようなことが同国に起きるだろう」と述べ、あらためて金体制に圧力をかけた。

  大統領はニュージャージー州ベドミンスターでペンス副大統領、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)と昼食を共にした後に記者団に対し、8日に発した「炎と怒り」の警告は「厳しさが足りなかった」かもしれないと述べた。北朝鮮に対して先制攻撃を仕掛ける可能性を否定はせず、「今後の展開を見ていく」と述べた。

原題:Trump Dials Up Warning to N. Korea on Missile Threat (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE