NY連銀総裁:2%のインフレ目標、「6~10カ月後」までは達成困難

米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は米経済や労働市場、物価上昇圧力について全般的に明るい見通しを示した一方、インフレ率が当局目標の2%に上昇するまでには「しばらく時間がかかる」とも指摘した。

  総裁は10日、ニューヨークでの記者会見で「金融当局としては、緩やかな成長トレンドが続き、労働市場はやや一層力強さを増し、インフレ率が中期的に目標の2%に向けて上昇すると見込んでいる」と述べた。発言内容は事前に配布された原稿に基づく。

  また前年比でのインフレ指標について、ここ数カ月の軟調なデータに抑制されているとの見解を示した。

  ダドリー総裁は「インフレ率は中期的に上昇し始めると予想しているが、前年比ベースで完全に2%に戻る可能性は低そうだ。ここ何カ月もの間、非常に軟調なインフレ指標が続いているためだ」とし、「よって、今から6~10カ月後にそうした極めて弱いデータの一部が統計から外れるまで、前年比での数字が2%に達することはないだろう」と続けた。

原題:Dudley Says Inflation Will ‘Take Some Time’ to Reach Fed’s Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE