欧州株:下落、3月以来の安値-北朝鮮巡る緊張続く

10日の欧州株式相場は続落し、指標のストックス欧州600指数は3月以来の安値。米国と北朝鮮の緊張が続いていることが背景にある。

  ストックス600指数は前日比1%安の376.05で終了。前日の同指数は北朝鮮が「炎と怒り」に見舞われるとトランプ米大統領が警告したことを受け、0.7%下げていた。ユーロ・ストックス50指数の急落に備えた保険の役割をするオプションの指標であるVStoxx指数はこの日26%上昇。前日の上昇率は17%だった。

  韓国と日本はこの日、北朝鮮が米領グアム島に向けてミサイルを発射するとの挑発を実行に移せば、強く対応すると警告した。

  ストックス600指数を構成する業種別19指数は全て下落。銀行株は3週間余りで最もきつい下げとなった。

  素材株は続落し、2営業日の下落率は2.1%に広がった。スイスの資源商社グレンコアは2.5%値下がり。1-6月(上期)利益が予想に届かなかったことが嫌気された。

原題:Europe Stocks Drop to Lowest Since March on North Korea Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE