ソフトバンク・グループが発足させた世界の最先端技術に投資する10兆円規模の「ビジョン・ファンド」は、医薬品開発の加速を手助けするデータを取り扱う新興企業に出資する。

  製薬・バイオテクノロジー企業向けの調査・分析サービスを手掛けるロイバント・サイエンシズは9日、新たな関連部門立ち上げのためビジョン・ファンドを中心とした出資者から11億ドル(約1200億円)を調達したことを明らかにした。

  また事情に詳しい関係者2人によれば、ビジョン・ファンドは医薬品開発を手掛けるロンドン拠点の新興企業ベネボレントAIへの大規模な出資を巡って協議している。ただ出資が近く決定する段階ではないという。関係者らは、協議は非公開だとして匿名を条件に語った。

  ベネボレントAIとビジョンファンドの担当者はコメントを控えた。

原題:SoftBank’s Vision Fund Courts Startups That Mix Data and Pharma(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE