ビジョン・ファンド、印フリップカートに約25億ドル出資-関係者

更新日時
  • ビジョン・ファンドが筆頭株主になる-関係者
  • フリップカートはバンラスシート上に40億ドルの現金保有へ

ソフトバンクグループの孫正義社長が設立したテクノロジー投資ファンド「ビジョン・ファンド」は、電子商取引でインド最大手のフリップカート・グループに約25億ドル(約2750億円)を投資する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者によれば、ビジョン・ファンドはフリップカートに約15億ドルを直接出資し、10億ドルをタイガー・グローバル・マネジメントからのフリップカート株買収に充てる。これにより、ビジョン・ファンドがフリップカートの筆頭株主になるという。関係者らは匿名を条件に詳細を明らかにした。フリップカートはこの日先に出資について発表していたが、金額は示していなかった。

  ビジョン・ファンドからの出資受け入れで、フリップカートはバランスシート上に40億ドル強の現金を持つことになる。この出資受け入れは先に明らかにした資金調達計画の一環で、これにはeベイとテンセント・ホールディングス(騰訊)、マイクロソフトも参加した。

  インドの電子商取引市場で、米アマゾン・ドット・コム対フリップカートとその出資者という構図ができあがった。アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)はインドでの顧客獲得に向け50億ドルを投じる計画。5億人のインターネットユーザーを抱える同国では電子商取引が今後5年、年率30%のペースで拡大すると見込まれている。

  

原題:SoftBank Fund Is Said to Invest About $2.5 Billion in Flipkart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE